スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか、そうだったのか・・・・ 

 今年、暇を見つけては各地の神社でおみくじを引いてきた。しかし引クジ引くクジ、ことごとく


「大吉」

保土ヶ谷区天王町明社・大和市鶴間諏訪神社


横浜市中区元町厳島神社に始まり、横浜市保土ヶ谷区星川杉山神社・同じく保土ヶ谷区天王町神明社大和市下鶴間諏訪神社等々、近所の名だたる神社で悉く「大吉」。
 そばで見ていた宮司さんや社務所の方々は大吉なんて滅多に出ません」とおっしゃっていたが、そんな易々でないモノが連チャンフィーバーで出るってなんなんだよと終いには、
  
  
 

「未だ身内達に不幸が続いているのに、これは神々による何かの嫌みなのか?」
毒付き始めていた。
 
 
 

ところがこの前、「横浜のこんぴらさん」こと「大綱金刀比羅神社」でままよと引いたクジは

神奈川区大綱金刀比羅(金比羅)神社にて

ん?
「中吉」


ははっはっ、とうとうクジ運さえ尽きて来たか・・・・



いや違う、

中吉の文言


そうか、ずっとこれを伝えたかったのか・・・・
 
 

スポンサーサイト

物陰に潜む・・・・(妖怪Suica) 

駅に棲まう・・・

アヤカシ (妖怪)

妖怪西瓜(SUICA)


「私を買っておくれや。便利だよ~」

と言葉巧みに駅利用者の財布に入り込み、知らぬ間に金を吸い尽くす物の怪
最近は知恵を付け、「ちゃーじしなくてもいいよぉ」「お金持たなくてもいいんだよぉ」と携帯電話にまで入り込み、月末請求時に恐怖のどん底へと誘う、


あな恐ろしや恐ろしや

みなみなさまお気をつけを・・・・

あつい・・・・ 

 
あつい
 
 
何時まで続くんだ、いったい・・・・
 
 
死ぬほどあつい
薬王寺入口バス停の猫
とあるバス停を降りたら三毛猫が死んでいた。


 

いったい、何時からだろう。
 
 
 
 
行き倒れか?歩道上だから車に轢かれたわけじゃなかろう。
病死か?少々吐血した痕がある。
やはりこの暑さで、か。
 
人も車も、皆見て見ぬふりをするか、大げさに怖気をふるって遠巻きに避けて行く。
哀れな。
 
 
見渡してもアスファルトとコンクリ敷しか見えないので、
携帯にて役所の・・・・動物愛護センター保健所休日だからどこも出やしない。
ようやく本庁役所の休日総合受付を見つけ出して頼み込み廻してもらった先は、
  
  
  
  
知ってはいたが、実際にゴミ扱いなのは何ともやり切れんな。


コイツにも尊厳は有ろう、この姿態をいつまでも曝したくはあるまい。また多少なりとも硬直後の腐敗が始まるのを避くるために、ハンカチと押さえのコンクリ片で覆ってあげた。
 
 
あまりにも無力だな私は。
これ程度しか出来ぬとは。
 
 
 
しかし、
つらい
 
 
何時まで続くんだ、いったい・・・・
 
 
死ぬほどつらい
 
 
 
 
車は、まだ来ない。

頼みにくい・・・・ 

惹かれるんだよね・・・・


で、

退かれるんだよね・・・・
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!


「おっぱい」
・・・・って
 
 
 

いや、只の鶏胸肉のことなんだけどね・・・・

一回なら、ウケ狙いで頼めるけど、
何回も、頼むとね・・・・


最近こういう汚痔惨店にも、おねーちゃんがやたら入って来るジャン


コッチはそのつもり無いけど
「下卑た汚いオヤヂ」
な振る舞いとして見られているから・・・・ねぇ



あー
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

虚しい・・・・

これをナンの衒いも恥ずかしげもなく頼めるようになったとき、

「汚痔惨・汚馬惨として完成」

するんだろうな・・・

ドカチン萌え・・・・ 

いや、
あのー 土埃舞うヤローのドカチン現場


「萌え」

要素は、少々如何かと・・・・・思う。
萌え工事看板

 最近何でも「萌え化」すればいいとかなって来ている風潮だが、ちょっと何でも

「萌やせばおk」

って、もんじゃないんとおもうんだけど・・・


役所はなんだか2頭身キャラが多いけどこの際・・・
横浜市版「浜☆洋子」とか政党版「●○党子」とか作ってみたりしてw

【ガジェット】打ちあわせ用録音マイク 

 普段打ち合わせではマイクロフォンを活用している。20年以上前のSONYのマイクロカセットレコーダー(まだ2台捨てずに所有している)時代から。


ということで今回は改造マイクを。
常用マイク(スタンド・クリップ兼用)

  コンピュータ周辺機器メーカーのELECOM社製マイククリップ式のHS-MC03BKとスタンド式のHS-MC01BKを二個一合体させて使ってきた。
 コンデンサーマイク部分は、スタンド式の方が感度が良い(-38dB 30Hz~16,000Hz)ためクリップ式と中身を入れ替え、ひっくり返して取り付け穴を設け着脱式としていた。しかしプラスチック製クリップは強度が弱くバキッと折れてしまったため、百均で買ったネクタイピンを摺り合わせてエポキシ接着剤と2M-6mm捻子2ヶ所で接合。さすがは金属製、取り付け以降全く問題がない。
タイピンをエポキシ接着剤と2M捻子二本でがっちり固定・底面に縫い針ケースの蓋とステンレス板を詰め込んだ重り

 台座は軽いので、重しとして1mmステンレス板を適当に切り出し四重に折り曲げて、空いていた縫い針入れケースの蓋(なんと直径がぴったり!)に入れてエポキシ接着剤で無理矢理接着して万力で3方から押さえ込み、固まったところをつや消し黒で着色して出来上がり。またマイクスイング部も華奢だったので、同じくエポキシ接着剤を盛り上げて首を太く頑丈にしてある。

もちろん、ちゃんとSONY製の高感度(確か5000円位した)マイクも所有している。
SONY ECM-PC60 コンデンサーマイクロホン

でもね、

それぢゃー全く面白くないのよ。


ただ金に任せて高いマイク買えば良いってモンじゃないでしょ。ねえ。


 やっぱしー、この前の「思考帳面型電脳用回転式台座」みたいに、
自分だけのを自分の必要に応じて自分でこさえないと。

これ、例え付けてても、誰も全く気付かないけど、
でも自分で希少価値を高めたモノをさりげなく持つのが、


「粋」

ってーモンでしょ。
この辺、おフェラーりツンベベンベをこれ見よがしに転がしている連中には解らないだろうけど・・・

本が・・・・ 

なんか、この前まで、つい数年前まで、

例えばこんな2cm厚の本なんか、2~3時間で読破していたのに・・・・
こんな厚さはお茶の子だったのに・・・・ 

最近10頁も進まないうちに寝てしまう・・・・。


昔は、
「吉里吉里人 本編リアルタイム読破」

とか

「神田・早稲田どころか県内古書店全て、目を瞑ってでも行ける」

とか

「どんなジャンルの本もどんな遅くても3回目には内容を摑める」
(除く資本論)

とか

「床抜け防止の為、3~4年ごとに古本屋に来て貰い叩き売る」

とか

していたのに・・・・






最近全く読んでいない

てか

全く読めない・・・・





「トシ」、かな・・・・
┐(´ー`)┌フッ
あーやだやだ・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。