スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ以上は・・・いやこれ以下は・・・・ 

さあさあ!

聞いて驚け!見て驚け!

緑茶・烏龍茶2リットルペッターで一本98円!
熊野古道の天然水に至ってはたったの68円!
緑茶&烏龍茶98円!、天然水68円! 

箱買いだと各々たったの588円397円

セール品じゃありません
毎日ずっとこの値段です。
いや、以前は99円でしたw。

完全にデフレ状態が続いています。です。はい。


 でも、このくそ熱い夏の間非常に助かりました。お財布も傷まないし、身体も傷まない。
医者もとにかく水分補給とエアコンは絶やさぬよう言っていましたし、それを守っていましたので何とかこの夏を乗りきれそうです。



へ?

なんで医者の話を?
って・・・



すりゃあんた、エアコン付けっぱなしで寝ていたから夏風邪引いたんでんすよ。
ええ、えええ、生れ憑いての馬鹿ですけ、しかたないしょw

スポンサーサイト

ああっ! とうとうこんな物まで・・・・ 

 

ん? んんん???

盆踊り会場から、なんか聞こえてきた・・・・ぞ?

 

この歌詞は!

そして、

この音色は!

 

かの市民愛唱歌・「横濱市歌」ではないか!


それも、あろうことか、

BON-Dance (BON-ODORI) Versionとは!

 

その名も、

横浜アラメヤ音頭


 

何でも今年の5月27日に横浜ゆかりの数々のアーティストが参加し、横浜ならではの世界各国の楽器を取り混ぜて完成したんだそうな。

今日初めて「第3回 みなとみらい大盆踊りで聞いてびっくりしたわ・・・・


しかし・・・・



何とも言えんモノだと思うのは、頭が固い製だろう・・・・か・・・・




「Bon Dance 横浜市歌 よこはまアラメヤ音頭」が完成-27日に発表会 - ヨコハマ経済新聞 「Bon Dance 横浜市歌 よこはまアラメヤ音頭」が完成-27日に発表会 - ヨコハマ経済新聞

へ? も、もすもす・・・・ 

 今朝、出がけに高島中央公園ガーデニングクラブさんが植えた花壇・・・・

 

へ?
コ、コスモス(秋桜)がもう咲いている。

梅雨入り後の「秋桜(コスモス)」

 

あ、あのー、昨日(2010/06/14)梅雨入りしたばっかなんスけど・・・・???

 

今年も、 こんな小春日和の 穏やかな空が」 広がる日が もう来るとは・・・・

 6月15日梅雨入り直後の小春日和w@みなとみらい5丁目

  思っても いなかっt ・・・・・



「わっ!ヤバイ!遅刻だ遅刻!」

あうあうあう~   9:0着でした・・・・orz。

「野良」ラベンダー 

 

 横浜市桜木町駅前の横浜方面行き専用バス停(みなとみらい地区バスターミナルと根岸線挟んで反対方向)を本道から区分する中州全てに、何故かラベンダーが植わっていることは去年書いたぴおシティーの隣だと言えば地の者は解るであろう。

  

 

ここがそう。

桜木町駅前のラベンダー畑

 

去年はなんでこんな所に「あの ラベンダーが?」と素直に驚いたが、子細に見て見ると・・・・

鬱蒼と茂るラベンダー達

 もう、鬱蒼と密集して「生えて」いる。

  

 

普通ラベンダーっていったら、こう

ラベンダーって言ったら普通はこう

  観葉植物として綺麗に克つ丁寧に育てられているか、美瑛~富良野のラベンダー畑のように一面ラベンダー色に染め上げるものだと思っていたが、

  

    

もうぐちゃぐちゃw

 もうね、

ゴミだらけの中、あっちゃこっちゃにぐちゃぐちゃに折り重なって倒れて、
それでも隙間を見つけては必死に上へ這い上がろうとして咲いている。

   

 この土地、排水系統や舗装面・推定の境界ラインから判断して、本道の国道16線の範囲に含まれていると確信した。ってーことは市道路局環境創造局管轄じゃなく、「三ツ沢」ンとこの金沢管轄か。これは市も県もみなとみらい財団も手が出せないな。陳情といっても・・・・

・・・・ねぇ





・・・・うーむ。

 

 

それでも彼らは必死に生きている

  

それでも「今も」、押し合いへし合いしながら「彼ら」は必死になって生き続けている。

す、スミr・・・・  (姫蔓日々草) 

ん?

  

なんだ?

  

この紫色の花?

ん?なんだ?すみr・・・・

 前記事のハナニラの側に見つけたこの紫色の花。

 

す、すみr・・・・いや、まてまて断定するのは早いとりあえず写真撮って。

 

よーく見ると、あちらこちらにちらりほらりとタンポポに混じり、同じ小さな花が点在している。

よーくみると、あちらこちらに・・・・

 なんだべ、これ?って家に撮って帰りググりまくりましたよ、ええ。

 

で、ようやっと見つけました。

 

 

姫蔓日々草 - Vinca minor(ビンカ・ミノール)

キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属 ツルニチニチソウ種 蔓性多年草

姫蔓日々草(濃紫) 

見渡すと、紫だけでは無いようだ。

  

ヒメツルニチニチソウ【姫蔓日日草】淡青

 これは、淡青

 

姫蔓日々草(五裂花濃紺) 

これは、純青 

 

 

ん?

げ!四裂花だ! 

げ!珍しい四裂花(四弁ではない。全て繋がっているから。普通は五裂花)だ!

 

姫日々草(四裂花 紫色)  

 

こっちは、淡青色の四裂花だ。

姫日々草(四裂花 青色) 

 

をいをい、六裂花まである。

姫蔓日々草(六裂花 紫色)  

 

これは探すと結構面白い。

 

 

 因みにキョウチクソウ科から分派しているから日々草とは親戚関係の別種だそうで、ツルニチニチソウ属の小型版なので「姫」と言う名が付いたそうだ。ニチニチソウ(日々草)自体は濃いピンク(バイオレット)の花なので、区別が付き克つこちらは名の通り蔓系植物だから解るのだが、普通の「ツルニチニチソウ」と「ヒメツルニチニチソウ」の違いは花の根本の萼に、細い毛のようなものが生えているかそうでないかで見分けるそうな。

姫蔓日々草(萼に毛がない)

  このように萼に何も無く、つるんとしているのがヒメツルニチニチソウなんですね。

 

 しかし、見ても解るように地上約5cm弱の所にちろちろと咲いているから撮影に非常に苦労したw。膝付いて肘付いても撮れないので、デジカメを地面すれすれに持っていきカンだけで何枚ものシャッターを切ったうちの比較的まともな奴を選んで載せている。せめてタンポポみたいに上を向いていてくれれば楽に撮れたものを。

 

ま、これはこれで楽しい写真撮影だったが。

 

続きを読む

確実に、しかも綺麗に・・・・ 

たしか、

去年はこんなに咲いていなかった。

  

しかし、

いつの間にやら高島中央公園の入り口を、綺麗に縁取るようにハナニラの群落が出来ていて驚いた。

ハナニラ(高島中央公園南口)

 これって球根種でしょ。そんなに増えそうにも・・・

で、もって読んでみると、結構わさわさと繁殖していくらしい。

  

よーく見ると、

 

白いハナニラ 

 白色の花や

 

青が濃いハナニラ

 青色がかったものまで、様々見て取れるから結構観察しがいがある。

    

 皆は、このちょっと奥にある高島中央公園ガーデニングクラブさんが(この公園を皆に気持ちよく使って貰おうと)一生懸命作った、色とりどりの花壇に引き寄せられて入口は素通りしてしまうが、その前にちょっと足を止めてハナニラによる自然の花壇もぜひ見て欲しい。

ワサワサと咲いているハナニラ

  

こちらも負けずに「一所懸命」咲いている姿を。

続きを読む

ある日の風景 

 今日、

 

仕事帰りに見た、夕暮れの

「みなとみらい全景パノラマ写真」

ある日のみなとみらい  

(クリックするとパノラマ画像が広がります)

  

 

んー、 なんか、

 

使徒迎撃戦用要塞都市 第参新東京市

 

の登場シーンを思い起こさせる風景だなw。

 

 

 

別に地面から生えては来ないがねw。

春なのかねぇ 

ん?

 

なんだ?

 

なにしてんだ?あいつ↓

なんだこいつ?

横浜美術館前庭の池に入り込んであっちへよたよたこっち来て水掬い・・・・

 

あっちこっちでカメラ構える人電話している人多数居るけど、

訳ワカメw 

今日から始まったポンペイ展のパフォーマンスじゃ

 

ねーわな。

 

 

ま、春ですからねーw

あれ? 

日産グローバル本社ギャラリー内になんか壁というか衝立が有って半分くらい隠されている。

日産本社ギャラリーパノラマ

  リンク先を見て頂くと解るけど、左のエスカレーターより後ろが本来なら奥の帷子川までありかなり広いスペースなのだが、立ち入り禁止になっている。なんか企画展示の準備しているのかな。

 

 メインステージでは、日産の車デザインの歴史を説明する企画展を行っていて、ダットサン112型と最新のFUGA Y51型が並べて展示してある。

 しかしどーも好きになれないんだよねーY51は。先代のFUGA Y50型が保守的ではあったがカチッとした纏まりがあったのに比べY51のやたらぶった切れて行き場のないラインと相変わらずリアの中途半端な尻すぼみ的デザインは日産デザインの悪い癖なのだろうかね。あの大失敗作レパード・J.フェリーJY32型ブルーバードU13型アテーサを思い起こしてしまった。

例えば、「メルセデス・ベンツ CLSクラス」や「BMW・6シリーズ」みたいな「優美さ」や「伸びやかさ」が全く感じられないムキムキモコモコっとした「風雅」の名前が消えてしまっている感じがする。

 

 スカイライン・クロスオーバーJ50型

「一体これの何処があのスカイライン?別ブランドで出した方が良くね?」

  

的、辺りから「また」デザインが迷走してきているようでなんか複雑。

クリスプカットデザインの初代「シルビアCPS311」模型

 この、アルブレヒト・フォン・ゲルツによるクリスプカットデザインで魅了した初代シルビアCPS311型みたいな綺麗な流麗なるデザインはできなのかなとふと疑問に思う今日の見学。

おお、やっぱり! 

    あ、やっぱり咲いていた横浜美術館前のニシキモクレン

横浜美術館前のニシキモクレン

 

去年は、ほぼ散りぎわだったため上手く撮影が出来なかったけど、

今年は無事間に合って見られましたw。わーい。


より大きな地図で 横浜美術館ニシキモクレンの場所 を表示

 しかし、去年のブログの時にも探したんだけどみんな、美術館図書室下側の「ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ」側の三本有る錦木蓮を見上げてランドマークタワーを背景に撮している方が多いような気がするけど、実は写真の通り4丁目ミッドスクエアTSUTAYA側の方が無理なく撮影出来る。

 

これが図書室側  

図書室側の錦木蓮 

縦方向かなりの仰り撮影をしないときついし、バックの存在感が前面に出て来てうざったくなる。

 

翻って4丁目側

4丁目側の錦木蓮

 横方向で出来て枝の広がりが表せて、後ろの存在も「背景」として溶け込む感じになる。

 

ま、例としてあげたこれらの写真はどれもへったくそ言えば下手くそで、あまり例にはならんがねw

 

さて、この木蓮。かなりの人が間違えて覚えている(実は私も昨年までそうでしたw)みたいなのですが紫木蓮本来の木蓮のこと。白木蓮に対しての別名で紫木蓮となるそうな)ではなく昨日の白木蓮との交配種錦木蓮(ニシキモクレン)」なのです。はい。

内側が白色、中側がグラデーションがかった赤紫が「ニシキモクレン」の特徴

 木蓮自体は花弁の表裏ともに赤紫、白木蓮は全身真っ白、で、その掛け合わせなので錦木蓮は外側がグラデーションがかった赤紫、内側が白色と考えてみればそりゃそーだw。な話です。

 

図書館側のニシキモクレンの花S

 

図書室側の方はまだ五分咲き程度(3/17)で花弁が閉じたのが多い。これからにかけて一斉に開花するんでしょうね。

 

 

しっかし、美術館前庭にHONDA CR-Zが展示してあるけど、こりゃなんだ?

横美前のCR-Z展示車

帰ってから調べたら昨日から試乗会をやっているってasahi.com の記事が出て来たがこれのことか?

 

 まあ、いいや。

 

とりあえずこの場を引き揚げて急がないとまた遅刻になりそうっだw。

ウソウソ全然セーフでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。