スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドカチン萌え・・・・ 

いや、
あのー 土埃舞うヤローのドカチン現場


「萌え」

要素は、少々如何かと・・・・・思う。
萌え工事看板

 最近何でも「萌え化」すればいいとかなって来ている風潮だが、ちょっと何でも

「萌やせばおk」

って、もんじゃないんとおもうんだけど・・・


役所はなんだか2頭身キャラが多いけどこの際・・・
横浜市版「浜☆洋子」とか政党版「●○党子」とか作ってみたりしてw

スポンサーサイト

今日から・・・・ 

晩秋なんけど、

アサガオ君。
アサガオ君、今日から晩秋なんですが・・・・ 

あ、アサガオの季語なんけど・・・・


 この家のかたに聞いたところ、本州北部寒冷地産とか仰っていたので「マルバアサガオ(学校で育てさせられる普通の三裂葉じゃなく葵文みたいな丸い葉っぱ)マルバアメリカアサガオの種間混雑種かな?三裂葉と丸葉(葉脈の窪み)が雑多に見て取れるから想像してだが・・・・


ん?

何だなんだ?

なんか飛んできた!
ん?なんだ?もしかして? 

虫?

にしては羽が・・・・

尾っぽみたいなのが見える・・・・

なんか長い嘴・・・・

鳥?

え?

こんな小さいのが?

まさか!

ハチドリ!?


うそ!?

なんで日本に??????

是はまたとないシャッターチャンスだけど、

お願いだから一カ所に止まってくれ!

全然まともに撮れないYO!

 なんとか、必死に数十枚撮った中の比較的まともな写真を元に調べたら、解りましたよ。
アサガオと「雀蛾(スズメガ)」

スズメガです。
多分前翅端の紋から推察するに、エゾシモフリスズメかもしれません
(間違っていたら指摘歓迎)

 結構私を含めて勘違いしている人が多いようです動画まで投稿しているがホバリングしていない。)が、このスズメガ種。「蛾」と聞くだけで毛嫌いしてしまう人(特に女性)も多いのではないでしょうか。
 だが、古代中国では蝉首蛾眉は美人の必須条件とされ、かの世界三大美人であり中国四大傾国の美女と世界中から賞賛の誉れ高い楊貴妃代名詞とまでなっている言葉であったりする。毛抜きで不自然な糸眉を作っている現在の大和撫子にはとうてい理解できんのかもしれんが。しかし図鑑を調べていて驚いた。スズメガ種の殆どが、「レッドデータブック」に記載されているとは。すると、やっぱり貴重な遭遇であったこととなるのか。これはなんとも感動半分・寂しさ半分な思いがする。



 いやしかし、この季節でアサガオを観賞できるとは思えなんだ。
何とも言えない美しさだ・・・・


うむ、実に良い朝である。

欠陥・・・・ 

 ここは、横浜駅「きた通路」。その昔、此処は薄暗く狭くてコ汚い通路だったが、2006年に「きた東口」・2007年に「きた西口」の供用が開始され一新して見違えるた様に綺麗になった。


横浜駅北通路(案内図)

 昔は中央通路を国鉄の改札で塞がれていた為、急ぐ時は入場切符を買って通り抜けるか、何とも形容しがたい異臭漂う此処の通路と、その真上にある松本竣介画伯が好んでモチーフとした事で有名なY市の橋を渡るしかなかった。
 長年の工事を行ってきてようやっと3年前に完成となったのだが・・・・・、

 

あのー

なんっすか?その「バケツ」は?

なんっすか?其処に置いてある「バケツ」はw?

 

上からなにやらぴちょんくんが降って来ていますけど・・・

 

完成してからもうかれこれ、
さんんnじゅう年くらい経ったのかしらぁぁ??

 
 

これって、もしかして・・・・

欠陥こうJ・・・

 

うわっ!誰だ!後ろから!
ああ、あうあうっ!く、くるしいいい・・・・ 

 

ぱたっ・・・・・

お、おまえら・・・・ 

あ、あのな・・・・

 

オマイラそんな「トコ」で、いったいなにしてんだ・・・・

 植樹枡のチューリップ


まっ、まさか、捨てられ・・・・

 

周りを綺麗にしy・・・

あうっ・・・・かといって、周りに生えているナガミヒナゲシ達にだって生存権があるしな。

野良チューリップUP  

これ、明らかに人の手で植えられたモンじゃないな。チューリップの自生か・・・・
 
うーむ・・・・

 

 

って! こっちはバレリーナ(ユリ咲き系)かい!


チューリップ(ユリ咲き系 バレリーナ)

こっちもどー見ても、「自生」しているよな街の┣"真ん中で・・・・

 

ま、確かに園芸種として「改良」された品種ではあるが、
元は自然の物だ。自生していても不思議もあるまい。

 
が、

神奈川県庁脇に自生するチューリップ(バレリーナ) 

 

 ここは神奈川県庁前だ。横濱発祥克つ文明開化の中心地でもある所に「野良」モードで自生している姿は、綺麗でもあるが、かなり不思議な光景である。

 

一体どれだけの人が気付いているのだろうか。

街中で凶器を振り回す男・・・・ 

 
おらおらっ!

 

俺の後ろを歩くな!立つな! 寄るな!

 

俺様白銀サーベル刺し殺すぞ!

凶器を振り回す男

 

おらおら!(ブンブン)!刺すぞ 刺すぞ!(ブンブン)!

 

刺されたくなければ
俺様に近寄るじゃねえ!

  

 
  

  

  

馬鹿野郎! あっぶねーじゃねーか!

  

後ろから蹴倒したろか!
う゛ぉけが!

 

 一度で良い、こういう無神経な奴(老若男女問わず)は、背中に一六文キックを食らわして地面に叩き付けたい。

 巷では歩き煙草(吸うんだか吸わないんだか解らない状態で、プラップラッ振り回しているから言われるんだ。ハッキリ言って愛煙家から見ても迷惑行為だ。)ばかり非難を浴びているが、こっちの方がもっと凶器だ!

 先端恐怖症の気があるのかこうゆうのを見ていると軽い頭痛がしてくるのだが、体調が悪かったり虫の居所が悪かったりしたときに、こうゆうに出くわしたら・・・・・・・・

 

その時はどうなるかは知らない。

ま、負けた・・・・ 

 帰りに車窓を観ていて妙に明るくなっている所を見つけ、途中下車して寄ってみた。

 場所は京急神奈川駅近くにある小高い丘の上にある「幸ヶ谷公園」。桜の花見が出来る場所ではあるが、地元以外はあまり知られていない隠れた花見スポットである。

 

その山が遠目からも光り輝いていたので、何事かと階段を上って驚いた。

なんだこの豪勢な花見は!

 凄い!。工事用500W電球を9灯も付けて、夜桜を照らし出している!その周りで数台の発電ジェネレーターが唸りを上げていたのにはたまげた。

 

なんとゆう贅沢な花見会だ!

 

500W電球に専用スタンドの列

 電球には専用スタンドにクランプ型ブラケットを装備。

 

ずらりと並んだストーブの列

 そして周囲をずらりと隙間なく取り囲んだ石油ストーブの防寒壁。

そして、大型ごみ箱完備に、数え切れないほどの鍋

  

 

ま、

 

負けたorz。

完敗だわ。 

 

 実は、数年前この公園のこの同じ場所で、私の企画立案による花見会をしたんですよ。

 

ええ。

 

 2,3日前に下見と場所取りを兼ねて各地の公園を廻り、他の人がどのようにやっているかを観察して、企画書と予算書作成したんだけど、

 

「花見にしちゃ金掛かりすぎじゃねーか??」

 

と考え直し、通りそうな予算に組み替えたのが間違いの元だった。当日私も500W電球を4灯用意して仕事用の木脚にポールぶっ刺して応用したのだが、ジェネレーターの許容範囲を確認しなかった為3灯しか点灯できず。ストーブも3台用意して待機していたんだけど、当日かなり寒い北風が吹き付け、皆あまりの寒さにストーブの周りに「雪山の日本猿」状態で固まってしまい、ストーブコロニーが出来てしまった。かなりの面積を確保したのにストーブの周り以外に座っているのは「俺一人」。

 そのうち本社部長を守る為「防風幕を作ろう」と、ライト消して脚とビニールシートで風よけを作っていたけど、遭えなく吹き飛ばされ玉砕。

  

 

私はというと、

「あ、はいはい失敗失敗、もうどうにでもなれ勝手にせーw」

 

状態で、一人夜桜を見上げながら、日本酒一升瓶を最後までがぶ飲みしていたな。

 

うわ、今思うと情けない結果に終わった、あの出来事を思い出しちょっとブルー

はやっ! 

 げげげっ!

 

もうこんなに並んでいる!

 

つーか、まだ夕方6時前だよ。

年越し蕎麦@平沼橋商店街 蕎麦・天麩羅「角平」

 平沼橋商店街名物店の一つである生蕎麦・天麩羅 角平での、年越し蕎麦を待つ行列。

 こんなに早くの時間から、しかもこの糞寒い中何時間も待って蕎麦を待つだけの価値は・・・・有るんだろうねえ・・・・

  

 

場所はここ


大きな地図で見る


 一見相鉄線平沼橋駅からが近そうだが、かなり遠回りになってしまうことを地元民なら解っている。また電車賃もかかるから、遠くの方は横浜駅東口から歩いた方が効率が良い。かなりあちこちのメディアで採り上げられている有名店なのでお近くへいらした時は、是非にお立ち寄りを。

グングツの音が・・・・ 

横浜駅西口ザ・ダイヤモンド地下街入口階段にて、

 

 なにやら

 

ラッパを吹き鳴らす音色が・・・・

救世軍(社会鍋)

 年末恒例「救世軍」社会鍋でした。

 

 

 えっ、もちろん、百円玉でしたけど、「ちゃりん」とな。

 信仰宗派信条を超えて救民の一助となればありがたし。

  

 

 

でも、「左巻きの人々」はこの「軍隊」に対して

グングツが!グングツの響がぁ!!

 

と、叫ばないのかしらw

どこいつ・・・・ 

 

げげ!

 

行商だ!

 

担ぎ屋 行商ばあちゃんだ!

行商ばあちゃん

流石に重いのかエレベータで上がって来たが、

 

ここ

横浜駅」だぜ!

京浜東北線各駅停車でどこ行くの! 

戦後の闇市関釜連絡船でしか見たこと無い、

絶滅危惧職業を生で見られるとは思わなかった。

どっこらしょっと! 

 

流石に重いのか背の荷物(襷掛け!)を降ろした・・・・

 

ってか、まだ取りに行くかい!  

って、

荷物其処に置いて、

「まだ」荷物取りに行くんかい!

  

 

 

生活保護法という麻薬入りぬるま湯に、

 

約115万世帯も浸かっている中、

 

例え少量の銭でも汗して働いている老婆

  

 

 生活保護月の手取りが20万円も貰え、母子加算復活(緊急災害対策用予備費に手を付け)で更に増えて、

「沖縄旅行に行きたい」 「月一回回転寿司に行き40皿食べたい」

と高校生の母子。

  

  手取り20万は、死にものぐるいで残業をした時だけで、それもコスト割れと利益率をバロメーターとして赤字物件に転落させないよう出退表を改竄し、なんとかぎりぎりの線で納めていたか、役職者になり雀の涙の手当以外、休出・残業なんにも付かなくなり数週間帰れないの当たり前で馬車馬のように働いて「持ち出し(ビジホ・タクシー・高速代)が多くて生活出来ない」と訴え出たほぼ壊れかかっていた最後の数ヶ月だけだった。

 

 ほぼ20年間絶望的な貧困と闘ってきたが「この格差はいったいなんなんだろう」。

 就労に向けて身体を治しに毎日訓練しているのが、なっんか、非常に馬鹿馬鹿しく虚しくなってきた。

かなーりギーク・・・・ 

 ちょっと用が有ってヨドバシカメラへ。携帯コーナーをぶらぶら覗いていると「デコ電」の棚に目がいった。

んな、おなごがする非実用の下らぬ物と決めつけていたが、「戦国武将蒔絵」シリーズなるどう見ても男性用のを発見。

戦国武将蒔絵01

しかし

  伊達家豊臣家毛利家黒田官兵衛如水は解るが、幸村?徳川軍を懲らしめたのは父昌幸だろう。「三途の川の渡し賃、たった六文有れば他要らぬ」が旗印なのは真田家及び信濃国共通の旗印だし、前田利家差し置いて従兄弟の歌舞伎者利益(慶次)が(マンガの影響とはいえ)前田本家の代表に出るのはどうかな?。直江兼続はNHK大河ドラマ「天地人」か。

戦国武将蒔絵02

 おお、四国王長宗我部(ちょうすがめ)元親だ。軍の大将とはこの人を指して右に並ぶのは「奥州王独眼竜伊達正宗」「中国王毛利元就」「九州王島津義久・グイシーマンズ義弘」だな。かなり好きな武将だ。

 

 

え?

治部少輔や惟任日向? 

石田治部少輔三成

明智惟任日向光秀

木っ端役人と唾棄された三成や、裏切り者の根暗光秀?

 

これを買うのはかなり歴史ヲタな人向けなのか、いや、これを貼ることこそ真の「歌舞伎者」なのか。

うーむ・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。