スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的木造駅の選別基準考・・・・(鶴見線 大川駅) 

  今、金曜昼の3:20からNHK BS1にて、

 

「にっぽん木造駅舎の旅

 なる5分間番組を行っているらしい。

  

 

 なんでも、日本各地に現存する、古式ゆかしき木造の駅舎の数々を紹介する番組だそうだが、とーぜん私は見られない。しかし、番組のホムペで紹介されている駅名一覧表を見て、ふと疑問に思うも多いであろう。

  

 

なんで、

原宿駅?」

あの駅はお召し列車発着場だから(わざわざ)残してきただけだろ?

  

 

そもそも、根府(東海道本線)」や(銚子電鉄)」を取り上げておいて、

 

何故に同じ木造無人駅(鶴見線)取り上げない!

 

  
だいたいにしてこの駅リストは、

いかにも素人受けしそうな、

手を抜いて適当に撮影しても写し映えの有る駅ばかりではないか!
 
 

これは不適当 克つ 不公平である!

   

  

  

されば、我が身・我が足にて取材せん!

(と、言うことで、行ってきました。)

 

  

 

  

(NHK職員よ)刮目して、とくと観よ。

これが、我が横濱市内(厳密には川崎市川崎区だが)が誇る、由緒ある純木造建築の駅舎

   
 


 大 川 駅  である!

JR 鶴見線 大川駅 駅舎
   

嗚呼!なんと歴史と風格を感じさせる堂々たる佇まいか!

  


 私の長年の愛読書である、月刊「廃墟探訪」でも取り上げられた、知名度抜群(でも乗降客1日千人以下)のすばらしい駅とは思わぬか。殆ど朽ちるに任せている風情は、あの日本人が忘れかけている、

 

侘・寂茶道文化

が、この場所に凝縮されている。

  

 

大川駅 純木製改札

  観よ!昭和5年10月28日鶴見臨港鉄道株式会社が、全線電化し旅客営業を開始した当時からの物であろう、純木造の駅コンコース構内改札口を!。

 これを子細にわたり熱く語ってこそ真のアナウンサーであり、視聴者の興味をそそるアングルで撮す事こそ真のカメラマンであろう。
 そしてディレクターは、この素材をどう料理し番組のソースを編み出すかで、放送界における「ラ・キュイズィーヌ・フランセーズ」としての真の力量が試されると言っても過言ではあるまい。




 そもそも、関東近県の駅は、「関東大震災」で全て跡形もなく倒壊壊滅し、今建っているのは震災復興後新造駅である。たとえば原宿表参道駅舎は1925年(大正14年)に再建。根府川駅も山津波に遭って開業早々全て押し流され、大災害を被った後の作である。災害を受けていないであろう銚子電鉄の外川駅でさえも開業は1923年(大正12年)

 鶴見臨港線(現JR-E鶴見線)の昭和5年と言うと1930年であるから、たった5年かそこらの違いでしかない。

  

 かたや、「大正」の冠が付くから珍重され、此方「昭和」の冠が付くので「最近の造り物」と思われ、あまりにもぞんざいに扱われすぎてはいますいか。

  

 

鶴見線大川駅時刻表

 ただし、ここには駅なのに電車で行くのが困難な駅である。首都圏E電指定路線にもかかわらず、近隣の工場通勤時間帯のみの運行しかなく、土日は1日たった三本と、一般人にはほぼ「秘境駅クラスの到達難関駅と数えても良かろう。また1996年まで現役だった、たった1両編成のクモハ12型 旧国電車両(サヨナララストラン時には鉄共が全国から大挙押し掛け、通勤客が乗れないとの顰蹙を買った)が、武蔵白石駅と大川駅を「ググゥゥンンゴットンーゴットンー」と昔懐かしい独特のモーター音を響かせてのんびり走っていたが、今はホームの長さの関係から、一つ手前の安善駅経由で鶴見駅-大川駅を205系3両編成で結んでいる。

 

惜しいかな!大川駅の鉄骨廃レール上屋

  そのためか、今や大川駅ホームはいかにも急作りのステンレス構造のホームが延長され、また従来のホームも廃止レールとH型鉄骨溶接組で出来た昭和中期頃の作と思わせる造りが何とも惜しい。壁板が板張りのまま残してあるだけに何とも残念ではある。老朽化か何かで取り替えざるを得なかったのだろうか。この辺が選にもれた原因とするならば、悔しいがある意味致し方ないと諦めざるを得ない。

 

 ほぼ完全な形での木造駅舎建築なのだが、注目されていないのが惜しい。

 アクセスは、鶴見駅から鶴見線武蔵白石駅下車、踏切渡って海の方向へ線路沿いに500mほど歩いたところにある。

 

 

 

しかし、実はもっと完全なる「人知れない木造駅」が有る。これは次に書く。

スポンサーサイト

ある日の風景 

 今日、

 

仕事帰りに見た、夕暮れの

「みなとみらい全景パノラマ写真」

ある日のみなとみらい  

(クリックするとパノラマ画像が広がります)

  

 

んー、 なんか、

 

使徒迎撃戦用要塞都市 第参新東京市

 

の登場シーンを思い起こさせる風景だなw。

 

 

 

別に地面から生えては来ないがねw。

紫の滝! 

 

な!

 

なんだ、なんだ!あれは!

 

「紫色の滝」が丘の上からこっちに流れてきているw

ムラサキの滝!

  

 

はて?

スミレの大群落か?

スミレじゃない。花弁4弁、葉の付き方からして「ムラサキハナナ(ムラサキナタネ)」だね

じゃねえ!

スミレは5弁だわさ(間違えました御弁なさい)

 

ってーっと、この葉っぱの付き方からして・・・・・

 

 

もしかして

ムラサキハナナ(ムラサキナタネ)」??

 

 

なんでこんな所に大群落を作り自生してんだ??

 

  

いやーしっかし、すげー「流れ」だなw

もう視界に入り切りませんw

 花好きの女性でなくても、思わず見とれてしまう光景だ。

 

場所は昨日の近くの所。

 

よって、ひ・み・つ、ですw。(これぞホントの秘密の花園w)

続きを読む

みーつけたw 

  

ややや、

  

あ、

みーつけたw

  

 カントウタンポポだw

カントウタンポポ01 

キク目キク科 - タンポポ属 - モウコタンポポ節 - カントウタンポポ種

  

 巷では、やれ「セイヨウタンポポ」に駆逐されただの、絶滅危惧種だの、散々な言われようの在来種族だけど、どっこいちゃんと頑張って生きています

 ま、有名な見分け方は総苞外片(そうほうがいへん)と言われる「萼」が花開いたときにだらんと垂れ下がるのが外来種で、ぴたっと花弁にくっついているのが在来種(固有種)と、簡単な見分け方が有る。しかし、交配雑種化していると素人目には見分けが付かなくなってしまう。ま、新種登録すれば良いんじゃない?と素人的には思うのだがね。

花が閉じても萼(総苞外片)が閉じている

 

でも、ここは全て総苞外片が閉じているから、

間違いなくカントウタンポポ純粋種と考えてもよさよう。

 

 

で、

 

場所がどこかは秘密。

さて、どーこだw

 

ちょっと一般の人は「立ち入らない」所にて、「ひそーりモード」で群落を作って咲いています。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。