スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年が記念日! 


さて、今年もやってきました6月2日の「横浜開港記念日」。
昨年「Y150 - 横浜開港150周年記念祭」を大々的に行われたのだが、

  

     
   

・・・・・・・

なんスか?

その

  横浜開港15 周年 

って・・・・

祝 横浜開港15”1”周年         

 そもそもホテルと言えば、このホテル ニュー グランドの事だけを指し、

「このホテルをもってホテルと成す」


とまで言われ、格式と伝統においても、「国内に比類するもの皆無也!」とまで言われる「ホテルの中のホテル」。
そおいえば、 どこかの集落の酋長さんは、なんでも只でさえ難題山積の中、ホテルオークラや麻布・六本木で毎日忙しくお食事を取ってらっしゃるようだが、バーには通っては居ないから(自分的には)許されるのであろう。まあ、あっちは「お金を沢山持っている人」たちが行くところであってここは「伝統と格式を尊ぶ方の為のホテル」なのだから、全く関係は一切ない。

 もっとも、あたしのような地下人「汚れ」として恐れ多くて、中には入れない高嶺の存在だが・・・・・

  

まさか、毎年掛け替えるんっすか?・・・・

ホテル ニュー グランド(旧館全景) 

まあ、 【祝儀】 ってーのは幾らあっても目出度ぇ事には変わりねぇがね。
 
 


さて、明日から始まる第29回横浜開港祭」。

市内各所でイベントを行うそうだから散歩がてらに如何であろうか。

スポンサーサイト

そりゃ、そーだけどさ・・・・ 

  横浜市泉区にちょっと用事があったついでにお散歩。連休中はずっと良い日和が続くそうでなんとも清々しい。
相鉄線南万騎が原駅から歩いて行くと緑園6丁目交差点から緑園都市駅に向かってなにやら緑道が続いていたので脇にそれた。かなり綺麗に整備されていて色々あちこち見ながらぶらぶらと歩いていたら、


とある樹銘板が・・・・・
サルスベリ(百日紅)の解説板 

銘 曰く


 「幹がつるつるしていて、木登りが上手い猿でも滑って登れない程だというのでこの名前が付きましたが、
本当に猿が滑って登れない事を見た人がいるわけではないのでしょう。・・・・」
 
 
  

いや、
 
  
そりゃね、見た奴なんか実際にいるわけ無いのは誰でも解ることじゃん。

んな、

「身も蓋も無い」

事書かれてもねぇ

 

あのね、ものには「例え」というのがあるわけじゃんw。それをマジで書かれると


んー・・・どー言ったらいいのかなー・・・・


まあ、造園施工業者の「お茶目なお痛」と捕らえるべきなのでしょうか・・・・ねぇw。



でも、
せめて、




散れば咲き  散れば咲きして  百日紅 - 加賀千代女

「炎天の  地上花あり  百日紅 - 高浜虚子




を、書き添えてくれたら・・・良かったなーと思うのは私だけ?

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。