スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Office付き格安ネットブックの衝撃 

ネットブックを巡る価格競争が第2幕に突入した。これまでは、ネットブック単体や、あるいはネットブックとイー・モバイルなどが提供する3.5G移動データ通信サービスとのセット販売が主流。これに対して、最近ではネットブックとマイクロソフトOfficeのセット販売がホットになってきた。

 特に大きなインパクトをもたらしているのは、ネットブック国内販売シェアのトップ争いでしのぎを削っているアスーステック・コンピューター(ASUS)、日本エイサーといった台湾メーカーの動きだ(図1、2)。加えて、オンキヨーと工人舎もマイクロソフトOffice付きのネットブックを販売している。

ネットブックの国内販売トップ20 (2009年1月月間、台数ベース、BCN調べ)  

ネットブックの国内販売トップ20 (2009年1月月間、台数ベース、BCN調べ)

低価格だけでなくMicrosoft Officeを付けて付加価値を高めざるを得ないのは、かなり厳しい消耗戦だな。

最初にギブアップするのは何処の会社だろう・・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/112-10b4145b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。