スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルエンジンのLunascapeが正式版に、独自技術でGeckoも高速化 

ITmedia Biz.ID 発 2009年03月18日 14時59分 更新

Imperss INTERNET Watch2009年03月18日 13:02 更新l_st_luna00.jpg

Lunascapeは3月18日、Webブラウザ「Lunascape5.0 正式版」を公開した。Windows 2000/XP/Vista、Windows Server 2003/2008に対応。無料で利用できる。また、Windows 98/Meに対応したAnsi版も後日リリースする予定だ。

 Lunascape5.0では、Internet Explorerの「 Trident」、Firefoxの「Gecko」、SafariGoogle Chromeの「WebKit」といった各ブラウザのHTML描画エンジンを搭載。閲覧するサイトごとに自由にエンジンを切り替える機能も備えた。WebKit選択時も標準でマウスジェスチャーが使えるなど、3つの描画エンジン全てで統一したメニュー構成となっている。

 今回の正式版では、主要ブラウザとのJavaScript実行速度の比較で「最速を計測した」という。「特にGeckoエンジンについては、独自の技術により高速化に成功した」(Lunascape)。

l_st_luna01.png 

対応OSが幅広いのは歓迎だけどWin9x系は全てMicrosoftもAntiVirus各社ともサポート打ち切られているから、Virusのさらなる温床と化すだろう。また、Mizilla Firefox、Google Chrome、Opera、Safari、Sleipnir いろいろでてきたが一番安定していて、そこそこでいいから早くして、OfficeSystem2007と親和性のあるブラウザが欲しい物である。何回でも何百メガもメモリー占拠してハングアップするInternetEXplorer7.0には飽き飽きしているのだが、他のブラウザも(スキンのカスタマイズなんて暇なバカヲタしかやらンだろ、実用に関係ない。)帯に長し襷に短しで、どうも困る。

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/148-2d997e8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。