スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ・・・・・ 

 今日の病院のデイケアプログラムは「Word講習」。ヘッダ・フッダの入れ方、写真やWord Artの挿入を学習。毎度のように私はサポーターとして手助けに廻ったが、山本五十六元帥の名言「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」をあえて無視

 「スタッフがああいってますよね。じゃあ【私-貴方-は何をしたいんでしょう】【そのためにはどうすれば良いのでしょう考えてください】」とあえて突き放して自分で考えさせてみた。たとえば写真を取り込みたいなら「目的は何でしょうか。文字をどうしたいんでしょうか。そのためにはどうすれば?」とゆう風に。

 

 やってみせるのは簡単です。させてみるのも出来るでしょう。でも覚えるでしょうか。たぶん良くて「ボタンの位置」としか覚えないでしょう。ツールバーをいじっただけで混乱をきたすのが目に見えるのであえて考えさせました。冷たい教え方だと思われたかも・・・。でもObject指向に作られているので目的は何なのかそのためには?と覚えてもらわないとOffice System 2007や2009ではデザインからデータフォーマットまで別物と思えるほど変わっていますので、「ボタン操作」で覚えて困ってしまうのは当人なのだからと感じやってみたけどどーかなー解っていただけただろうかなー。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/161-2dc67166

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。