スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「墨攻」 墨家思想 

墨攻 [DVD]

墨攻 [DVD]
(2007/07/27)
アンディ・ラウアン・ソンギ

商品詳細を見る

 

 

私は墨家思想墨子)が好きだ。孔子様の教え(儒家)も尊重はしているが、徹底した実用主義的な思想に私は惚れ込んでいる。

春秋戦国時代の諸子百家の中で儒教と勢力を2分したとまでいわれる墨家集団も何故か秦帝国統一後消えてしまい、復権したのは清朝末期といわれている。詳細はWikipediaに譲るが、墨家十論(兼愛、尚賢・・・)の中でも秀逸なのが「非攻」。

今でも何処の国も実行できていない。ピースボートとかを代表する左翼お気楽極楽なお花畑主義は何時も噴飯物だ。思想を武力で押し売りする米帝のNEO帝国主義は、お付き合い程度にしないと後々日本の利益が失われかねない。またよく調べもせずに左翼主義者が例えに出す自閉症針鼠国家スイスになったら鎖国と同じ事だ。
戦争の悲惨さや無益さは誰でも主張出来るが、「非攻」は相手を攻撃する事は禁じていても自国(自身)を防衛するためには徹底的に行い守り抜くのを2000年も前から主張し実行していたのは感嘆する。

もちろん兼愛,尚賢,尚同 等敬服に値する思想はまだまだある(明鬼だけは儒教の教えが正しいと思う)が映画だけでも是非見て欲しい作品だ。

あ、孔子様の言葉「吾、十五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず・・・」全く、ありがたくも耳が痛いお言葉だw。

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/183-637f49b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。