スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スペックはVistaと同じ」、Windows 7の製品候補版が5月7日に公開へ 

日経BP社ITpro2009/04/30

  マイクロソフトは2009年4月30日、次期OSである「Windows 7」の製品候補(RC)版を日本のユーザー向けに5月7日に一般向けに公開すると発表した(米国向けには5月5日から)。同社Webサイトからダウンロードできるようになる。これに先立ち開発者向けには5月1日(米国時間)からダウンロード公開を開始した。

 マイクロソフトは同時に、Windows 7の最終的なシステム要件を明らかにした。「Windows Vistaと同じ要件でWindows 7は動作する」(日本法人の中川哲コマーシャルWindows本部 本部長)。プロセサは動作周波数が1GHz以上の32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセサ、メモリー容量は32ビット版が1Gバイト、64ビット版が2Gバイト、ハードディスクの空き容量は32ビット版は16Gバイト以上、64ビット版が20Gバイト以上。グラフィックスとしてWDDM1.0以上のドライバで稼働するDirect X 9対応の機器が必要になる。

 RC版の段階で明らかになった新機能のうち、最大の注目点はWindows XP用アプリケーションを動作させる「XP Mode」だろう。同社のクライアント仮想化ソフト「Virtual PC」の付加機能で、Windows XPのアプリケーションだけをスタートメニューから起動できる。

 

一応前の情報リーク通りなのでほっとはしているが、

ZDNet Japan2009年4月30日 22時00分

画像で探検「Windows 7 RC版」

Windows 7 RC-1Windows 7 RC-2

うわ!なんだこれ!タダでさえウザイ広告でしかないDeskTop Gadgetや、仕事の入力の邪魔をするだけの意味しかもたない縮小Window進化(悪化)してさらにウザくなってる。

マカー教団狂信者Ubuntu坊みたいに

OSだけで一日お遊びをしているヲタども

なわけでなくクリティカルな仕事をしたいんだけどなオヂサンは。Windows2000は偉大だったな。Business版はServer版のDesktopに変えて欲しいな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/207-087a53d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。