スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履けるキーボード 「Keyboard Pants」 

Engadget JapaneseMay 13th 2009 @ 12:45AM

履けるキーボード 

ジーンズにキーボードが付いていれば、いつでも手元でタイピングができるのに......と考えたのはデザイナーのErik De Nijs氏。氏のコンセプトデザインは以前にご紹介しましたが、一年の時を経て実際に作る人間が現れました。それが写真の半ズボン型の履けるキーボード。まさしくウェアラブルコンピューティングの世界です。作者はZach Hoekenさん。

作り方:まずフレキシブルキーボードとかシリコンキーボードとか呼ばれる、例の曲がるキーボードを用意します。次にキーボードをスキャンしてレイアウトをとり、表からはキートップだけが見えるようレーザーカッターでジーンズを切り取ります。最後にキーボードを縦へ二つに分解し、縫いつけると完成です。素肌とキーボードが触れる形になるので、裏側にパッチをあてると良いでしょう。

PCとの通信方法は? 写真にも見えるとおりUSBケーブルが左端から出ています。ではUSBの繋がった左足側はともかく右足側はどう動作するのか? 頑張ったそうですが、残念ながら動作しません。まあコピー&ペーストしかしないという人はこれで十分でしょう。

評価機 (評価着?)の打鍵感は良好。

なんだーじゃあ俺の「生身のコネクター」の方が長い!・・・・・・わけないw。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/233-5d1ae12a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。