スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Atom 330(1.6Ghz 533 MHzFSB )MINI-ITX 

Impress社 AKIBA HotLine2009/05/26

 3ION+Atom 330マザーが初登場

30を搭載、「Atom系最高性能」とも言える高性能なマザーボード「IONITX-D-E」がZOTACから発売された。

※(5/28更新)ACアダプタモデルの入荷が延期。

 実売価格は29,000円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

●Atomマザー最高性能、HDMIや無線LANも搭載
 冷却ファン同梱

 この製品は、今月中旬に発売されたAtom 230搭載モデル「IONITX-B-E」(実売価格1.9万円)の上位版。

 「Intelの10倍のGPU性能」(NVIDIA)というVGA内蔵チップセット、GeForce 9400M Gを搭載するのはこれまで通りで、CPUをデュアルコアのAtom 330に変更、Mini PCI Express Cardスロットに無線LANカード(IEEE 802.11b/g/n)を標準搭載しているのが主な違いだ。

 DIMMスロットを2基搭載、最大4GBのメモリに対応する点や、HDMI/DVI/VGAの3系統の出力をもち、デュアルディスプレイができる点はIONITX-B-E同様。

 ファンレスクーラーを搭載しているのも変わりないが、このモデルにはクーラー取り付け用のファンが同梱。明確な記載はないものの、状況によっては取り付けた方が無難と思われる。

 主なオンボードデバイスは、先述のVGA/無線LANのほか、6chサウンドや1000Base-T LANなど。無線LANアンテナはブラケット取り付け用が付属している。なお、拡張スロットは無線LANカードが装着されたMini PCI Expressスロットのみ。空きスロットがない点には注意が必要だ。

 また、姉妹モデルにはACアダプタで動作する「IONITX-A-U」(予価3万円前後)などもラインナップ。これらについては「6月初旬に入荷延期になった」(ショップ)とのこと。

 約3万円という価格はAtomマザーとしては高価だが、ある程度の性能と省電力性の両立を求める向きには貴重なモデルと言える。先行したIONITX-B-Eも品薄傾向で、当面は入手しにくい可能性も考えられる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/253-0da54337

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。