スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぞ、象の鼻がぁ!! 

NIKKEI NET 発 2009/06/02 19:36

YOMIURI ONLINE2009年6月2日11時05分

毎日jp2009年6月3日

神奈川新聞 発 2009/06/02

ヨコハマ経済新聞2009年06月02日 他

なんだ?なんなんだ?

このだだっ広い空間は!!!

象の鼻パーク2009-06-03

なんで、あの「ただの防波堤」がこんなに広がっているんだ??

象の鼻公園2008-12 

去年見た時な状態だったから、基礎部分は歴史的遺構として残し、歩行者用に表層舗装するだけだと思っていたのに。

確かに去年の計画図は、

象の鼻公園全体計画図

なんか嫌な予感をさせるデザイン(有限会社小泉アトリエ) だったけど、臨港線が、廃止になったり、復活してたりしていたから、現地見て安心していたのだったが。

象の鼻公園(港湾局地図)

 上記図は管轄施工した横浜市港湾局の説明図。

ここが横浜開港の場であり「横浜港」そのものであった所である。

もう一葉、象の鼻付近図(横浜市三千分一 84-2新港町 昭和39年2月調整図)

象の鼻付近図(横浜市三千分一 84-2新港町 昭和39年2月調整図)

 

拡大切り抜きすると、

象の鼻公園付近拡大図

 

明治・大正・昭和・平成と、旧横浜港の防波堤として保存され生き抜いてきた貴重な建造物なのがおわかりであろう。

このような物を後生にに残し利便性も求めるやり方として建物では馬車道にある「 横浜第二合同庁舎」や日本大道りにある「横浜情報文化センター」または東京駅前「丸ノ内ビルヂング」のように、景観と歴史的重要建築を残したままリビルド掛けるのが王道というかデフォルトのやり方なのだが。

象の鼻先から

 どっかのわけ解らん「あーちすと気取り」の建築屋風情が土木分野にしゃしゃり出てきて首突っ込み、ボケ老人達を舌先三寸で転がした結果がこれかよorz。

近代化産業遺産 認定遺産リスト(経済産業省)

 【経済産業省】近代化産業遺産 認定遺産リストに載っているのに、いじくり回したら遺産もへったクレもないじゃん取り下げ辞退しろよ。

とうとう歴史的文化財的にも高い建造物破壊しやがった。

 

も、もう、(´Д⊂ モウダメポ

 

 

あ、残っている!鼻の付け根部分。

象の鼻付け根に残る旧波止場エリア

 昔よく天気の日は昼休みにここまで散歩しに来ていたな。船員食堂でカレーか共同ビルのラーメンぶっ込み、ここに立って舫でいる船を眺めていたモンだっけ。テラ夏カシス。別に誰からも注意されなかったからマターリできたなー。

もちろん『昼休み』が有る時だけだがねw。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/265-b815784e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。