スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBM製オフィススイート「Lotus Symphony」 


IBMは、オフィススイートの最新版「Lotus Symphony 1.3」をリリースした。動作環境はWindows XP / VistaとMac OS X 10.5、およびLinux (Ubuntu / SUSE / Red Hat)。サポートされる言語は日本語を含む28種、言語別に用意されたバイナリパッケージは同社Webサイトから無償ダウンロードできる。

 Lotus Symphonyは、OpenOffice.orgのソースコードをベースにIBMが改良を加えたオフィススイート。今回のバージョンでは、Microsoft Office 2007で標準のファイルフォーマットとして採用されているOpenXMLを部分的にサポート、Office 2007で作成した文書のインポートが可能になった。ほかにもハイパーリンク機能の強化や印刷速度の改良、表計算機能の操作性向上が実現されているほか、バージョン1.2.1から正式サポートされたMac OS X版の起動速度改善が行われている。

 

Lotus Symphony

 

 って、今ごろ何?IBMさん個人需要から端末事業から撤退したんじゃなかったっけ?秀作「Home Page Builder」「Via Voice」他ソフトも他社に販売権譲渡したし、そもそも「Lotus Super Office」自体ソースネクストに売っぱらわなかったっけ?。それを何を今更、OOo改造して別名でやっているのさ。

OOoのLinux化(四分五裂して1%もシェア取れないお笑い集団)と同じ道を辿り、結局

Microsoftだけが高笑い

笑止千万だな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/276-c919d309

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。