スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ!咲いた!! 

なんと!しおしお組ポピー中で、なんとかふかーつしていた奴が、とうとう今日

 

咲いた!!ヾ()ノ

ポピーが咲いた2009-06-28-2 

 ∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

おまいら、よく生きたえらい!とりあえず一輪だけどえらい!!

コメント

趣味なら・・・

前から思ってたんだけど、草花やらが好きだったら、自然環境研究センターで主催してる「生物分類技能検定」を受験してみたらどうかな?
4級、3級のレベルが丁度良いと思うけど、意外に奥深いし、楽しんで受験できると思うよ?

レインドック様

ほほーそれはなかなかに面白き情報。
でも現状は「赤い花・赤い花・・・・」っと何時間もググり捲ってようやっとたどり着いたのを、さも如何にも知っていたかの如くカキコしているのが現状三蔵。

もそっとデータを蓄積させて、資格に挑戦してみる価値有りと考える次第。

多謝。

大丈夫!
そうやって何時間も調べるくらい好きだったら、間単にレベルアップできると思うよ。
センターのHPに過去問チラっと出てるから、見てみなよ。
実は、調べ方のコツとか、図鑑の見方とか、そういう基本的なことが勉強していくうちに解ってくる構造になってるんだな、コレが。

でも、一冊だけ必須の本がある。
「野外観察ハンドブック 写真で見る植物用語」って本。
普通は、初心者の頃って、とにかく沢山図鑑みて、憶えてナンボっておもっちゃうんだけど、実は初心者は図鑑なんか見ても殆どムダ。むしろ間違えのモトになる。
どこを見るべきか、何に注意を向けるべきか、全部これに書いてある。
後は勢いで突進あるのみ!

#文面修正したんだね、某掲示板ではよく絡むから、
#思わず友達感覚で書いちゃった。失礼だよね、ごめんなさい。
#オレはコテハンじゃないから、そりゃワからんよな。

レインドッグ様

早速のご回答と激励ありがとうございます。

知っての通り「調査屋」ですんで調べるのはお得意分野ですw。
でも、現役だった頃の樹木調査の悪夢が・・・・何時も冬場で全く解りゃしないorz。

何十年(花粉症の悪夢も)ぶりから解放されて周りを見渡すとこんなに自然が豊かなのをびっくりしています。人口ん百万の都会のど真ん中で必死に生きて咲いている名の無き(知らないだけ)花々を見て驚きと興奮の連続です。

早速Amazonで調べて買います。今参加している公園ボランティア(その道の専門家揃い)の手助けにもなるでしょうから。

ふふふ・・・、立木調査は、実を言うと冬のほうがやりやすい・・・!
「花」とか「葉っぱ」とかで独立して考えるよりも、各個体をひとつの生物として捉え、その特徴を総体的に見れるようになれば、公園とかによくある樹名板の間違え(これが以外に多い)にも気付くようになる。

と、まあ偉そうな言い草だけど、オレ自身もまだまだ修行中。
お互いがんばろうね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/296-52d79b6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。