スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだあったのか・・・・ 

今日は年末恒例大掃除。

 

「お前これいるのか?要らないなら捨てるぞ」と家人に手渡されて、物置の袋の中を整理していたら。

 

げ!

 

まだ取っといてたのか!これ!

DSCN1040.jpg

インクペンプロッター用のペン先じゃないか!

また、なんでこれだけ残っていたんだ?

 

前職の文房具は退社後に、でかい段ボールにがらがら突っ込まれて送り返されたのを、

 

  

「ンなモン、もう見たくもねーよ!!」

 

と、

ゴミ集積場にそのまま速攻ほっぽり投げたんだが。

 

いやーなつかしいね。

 

私は

ステッドラー命

だったからファーバーロットリングなんぞ見向きもしなかったな。

 

 会社のペンは下っ端の餓鬼共が直ぐに使い物にならなくしてくれるなんともありがたい奴らだった為自腹切って「マイペン」を確保していたな。

 マチックペンはそんなに高くないから揃えてたけど、プロッター用の

PL-CSペンはン万するから(当然自腹モード)大変だった。

 

 なにせ、直径0.13mmのパイプの先にクロスカットの溝を入れてインクの流れを良くする様に作ってあるからむちゃくちゃ高いのよ。それで、そこから出ている微細な針金を芯にして書くから、ちょっと不味い設定とか使い終わりの時に洗浄を怠るとペン先が折れたりインクが固まって、哀れお釈迦に

ままよの分解清掃は、上手くいけば御の字、でなければ更に悪化し悪夢が。

 

 これで、長さ数メートルの数枚組もある三斜状量図(当然座標面計合わせ)や数百筆の分筆地積測量図を何晩も徹夜してプロッターに書かせてたな。

 

「もういいだろう、ちょっとだけ寝かせてくれ」

 

 

会社の床に寝たりなんかした時に限って、

マイラーを白い筋で罫書いていたりするから

かまってちゃんをあやすのがもう大変。

 

赤ん坊の夜泣きなら鳴き声で目が覚めるが、プロッターちゃんは静かにただ

 

「うぃーんうぃーん・・・・」

と泣いているだけで変化無し。

 

 地積測量図はとりあえず数百筆分を個々にCAD福井のブルートレンドDOS版で作成してから、A0用紙範囲を新たに用意して、他図面読み込みで十数筆分配置し、イッキ書きした。あれは和紙だから湿気とかに注意して紙がプロッター台に綺麗に定着するのを待って細心の注意(ペン先が紙を引っかけて破かないように)してじっと見つめて天に祈りながら書かせていた。

 

で、

 

そうゆう時に限って

あ、

ここの高さの数値、面積計算書と違う・・・・

 

 

 

やり直しじゃん・・・・

また帰れない・・・よ

コメント

わかる

わかる、わかりすぎるぞ、ただもう過去のモノだ、捨てろ、オクだとそこそこ値がついていたが、とっておいても場所はとらんが使わないものはゴミだね。おいらも何本だめにしたかな。もうちょい古いがトレース屋さんの技術も懐かしいね。

Re: わかる

> オクだとそこそこ値がついていたが、

当然!
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f82670826

売るでしょw
私を誰だと思って・・・・

オク

君ともあろうものが盆と正月に出品しちゃダメでしょ、盆と正月は落札金額が安いらしいぞ、落札者が少ないから競争しないし、会社は休みだし。処分できれば金額ではないな。5000円はいい値段だ、入札ボタンを押すのをガマンしてウオッチにしときます。

うふふふw

それでも現在アクセス数は150突破w。
ま、一本千円だから良心的商売でしょw。

得意技・・・・

当時は、三斜面計を見ただけで、座標面計に合わすには何処と何処を弄れば良いか一瞬で計算出来る。
今となっては実に下らない技術だなw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/401-ea439533

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。