スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ、これから・・・・ 

 毎年、四月も頭を過ぎると関東ではの時期も過ぎたとして、皆お花見気分も無くし、やれ新年度の仕事だ勉学だと勤しみ始めているのでは無かろうか。
此処みなとみらいのさくら通りにて行われた「みなとみらい21さくらフェスタ2010」も四月四日で無事幕を閉じ、もう辺りは新緑の葉桜で彩られ初めている。

みなとみらい「さくら通り」


しかし、

 

そもそもって何?



 

開花の標準木」とか「桜前線とか言われているけど、それって、


染井吉野」だけを取り上げていないか?
 

 本来「日本の桜」と言いうと、吉野山の山桜が数々の詩に詠われ、「日本の桜花」として平安の頃から千年以上の歴史があり、八重種と並んでこちらが本筋なのである。

 染井吉野はご存じの通り江戸末期に、江戸の染井村(現在の東京都豊島区駒込の植木職人達の手によって品種改良され、戦後の荒廃復興のシンボルとしてに大量に接ぎ木生産され植えられた比較的新しき仲間である。

 ヤマザクラオオシマザクラの「ヤマザクラ群」はいい。染井吉野とほぼ同時期に開花し、桜餅の塩漬けの葉としても重宝がられている。




しかしだ、

 

 これらが散ったからって、桜の季節はまだ終わってはいない、まだ続いているのだ。


 特にその代表が、遅咲き故にあまり見向かれない「八重種」の類だ。そして、これらを大切に育て街のシンボルとしているところが、隣の関内地区を通る、

「関内 桜通り」である。

関内桜通り2010-04-29

 ここは超早咲きの「オオカンザクラ(3月初めには咲く)」を初め、「カンヒザクラ(これの派生種が地元固有種横浜緋桜」を初め、遅咲きの「カンザン」や「アマノガワ(枝振りを見れば解る。)」まで、多種多様の桜がその種特有に合わせて生きている。横濱市道路局のページにて全種類の案内図を記した図とPDFファイルが置いてある。是非に印刷して、そぞろ歩きのお供にされては如何であろうか。少なくとも今月いっぱいは楽しめる。
 何せ八重種が多い地区なので舞い散る花びらの数が半端でない。今の桜のトンネルが、散る頃には辺り一面を淡いピンクで一気に染め上げる風情はなかなかに迫力がある。

 

 私はこの八重種の桜を見て、毎年思い出すのが「八重桜の物語」である。

 

 

その八重桜他の桜より遅く咲いてしまう事を嘆いていました。

しかし、

たとえ遅く咲いても、鳥や虫たちは来てくれる。

だから、

自然にまかせて、自分の咲くときに、

咲けばそれでいい・・・・。
 

出典:「わかつきめぐみ著 - So What  より」

 

 この方は私がかなり好んで読んだ作家さんで、数十年前に全てかき集めて全読了したが、このところだけは今も妙に覚えて居て、この記事を書くにあたり買い直した。なかなか印象深い言葉を、ごくさり気なく自然に書き添えている所が多々読めて好きになり、繰り返し読んだ記憶が有る。

 

さて、八重種満開の時期が来た。
 

東高島駅操車場の八重桜  

彼らは「今が盛り」と一斉に咲き誇っている。

我々には我々の季節があると言うが如く。

 

桜の季節は、 まだ終わってはいない。

コメント

八重桜

こんにちわ(^^♪
暫く更新がなかったのでどうしちゃったのかな?って思っていました。
八重桜のお写真ステキですね~
青空に八重桜が堂々として写っていますね^^
関内桜通りは今八重桜が満開なんですか~
花が散った後は花びらの絨毯ができますね♪

染井吉野が咲き終わると、なんだか桜の季節が終わったような気がするけれど
まだ八重桜は咲き続けていて・・・
人間だってそれでいいのですよね(*^_^*)

Re: 八重桜

こんばんわ
> 暫く更新がなかったのでどうしちゃったのかな?って思っていました。
ネタとして写真は撮り続けていたのですが、どうもこう文章が纏まらなくて書きかけのまま止まっていました。
最後に掲載した写真でなんとか話の流れが思いついたので、改めて書き直しました。もしかするともうちょっとか書き直すかも知れませんw。

> 花が散った後は花びらの絨毯ができますね♪
ええ、結構凄い光景になりますよw。今日も桜雨になってしまい、八重君達にも寒さが凍みているみたいですが明日夕にははれるみたいなのでもう一回見に行こうかと思っています。

> 人間だってそれでいいのですよね(*^_^*)
そです、「人は人、我は我」我が意の我が体の都合で咲けば誰かが必ず見てくれます。

また泣ける・・・

高松に桜町っていう地名があって、そこは通りにずっと八重桜が植えられていて、ある時期はとても美しいのです


人の目がみていなくても
風景はあるものだろうか

・・・っていう詩をちらっと思い出しました

Re: うどんさま

その、染井吉野も長くて百年普通六〇年の短い命。
そろそろ寿命が尽きるのが大量に発生してくる時期とか。
樹木のくせに人間様より短く儚い命。
でも、その短い命を存分に生きたのだから満足出来ればそれで良し。
また手折って接ぎ木すれば、次世代に繋がるから何度でも蘇る強さを持っているのだがね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/445-e9a139ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。