スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが日の本は島國よ~ 

 

 

あなたは、今お住まいの「市町村歌」を歌えますか?

 

 

 

え?歌えない?それどころか、そもそもそんなもの知らない?

 

まあ、普通そうでしょう。

 

しかし!

 

ここ「濱」では、横浜市歌そらで歌えないと、

 

コ奴ハ非市民(非国民!)デアル!

 

の誹りをマジで受け、

江戸時代の隠れキリシタン狩りと同じく迫害し、市民権剥奪されかねない。

のをご存じであろうか。

 

 なにせ誇り高きあの、

夏目漱石と比類する日本国を代表する文学者で、
陸軍軍医総監従二位勲一等功三級森 林太郎 鷗外先生直作

の有難い御歌である。市内では、小学校のの頃から校歌と共に斉唱され、市のイベント、ハマスタ等々何かとこの御歌が流され色々アレンジされ歌われ続けて来ている市民の愛唱歌である。

 

下手をすると、国歌を歌えなくても、市歌は歌えないといけない。


logo[1] 市歌315t0pCthZL[1]  国歌より上である!

 

 とまで(因みに日本国国歌「君が代」も横浜生まれなのだが)言いかねない程の誇りと自信を、全市民共有の無形財産として持ち続けている。

 

でもね・・・・・

 

実はアタシは歌えないのよ。っていうか、殆ど習った記憶がないん。


 じつは、小学校の途中で他市に転校して、戻ってきたのが大人になってからなのよ。だから、「横濱市歌」と言われても初めピンと来なくてね、「は?そんなん習ったっけか?はて?」な感じだったし、今もそんな感じかなぁ(因みに在籍した小学校の校歌はうろ覚えながらも未だに覚えて居る)

 

 ヒジョーにヤバいんだけど、何とか隠れ市民としてこれまで棲息してきた、


が、


今日6月2日横浜の誕生日である横浜開港記念日

を機に詩を覚えて、迫害を受けないようにしようと思う。

 

横浜市歌  作詞:森林太郎(森鴎外) 作曲:南能衛

 

我が日の本は島國よ 朝日輝ふ海に
わがひのもとはしまぐによ あさひかがよううみに

 

連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ
つらなりそばだつしまじまなれば あらゆるくによりふねこそかよえ

 

されば港の数多かれど 此横濱に優るあらめや
さればみなとのかずおおかれど このよこはまにまさるあらめや

 

昔思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處
むかしおもえばとまやのけむり ちらりほらりとたてりしところ

 

今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや
いまはももふねももちふね とまるところぞみよや

 

果なく榮Hiragana_E_01[1]て行くらん御代を 飾る寶も入り來る港
はてなくさかえてゆくらんみよを かざるたからもいりくるみなと


 


 そう、歌詞にもあるとおり、我が日ノ本における港は、ここ横浜を置いて比類する物は皆無であると森鷗外軍医総監(中将)によって謳われていることを、市民誰もが知っていて謡い親しみそしてそれを誇りに思い、他の「御開港場モドキ」とは  「格」 が違うのだと、港ととすら認めない風習がある。
 その気位の高さは、ハマロード・サポーター公園愛護会他各種各団体による市を愛する活動に繋がっており好感を持てるのだが、一寸その気位が高すぎて時々他の港(特に神戸・長崎・函館)と啀み合うのはなんとかならんのかw。


 ま、そうは言いつつも、私も時々ネットで神戸のことを「ハマの粗悪な劣化コピー」と、ちゃかして嘲笑ったりしているので、あまり言えないがねw・・・・

コメント

市歌

こんにちわ(^^♪
横浜市歌、歌っているのが子供たちのせいか
可愛らしい感じに聞こえましたv-238
私の住んでいるS県T市の市歌は聞いたこともないし
存在すら不明です><
でも私の心の中のT市の市歌は
松崎しげるさんの西武ライオンズの歌ですv
スーパー・西友・西武デパートで良く流れています♪

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/449-c08614e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。