スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から・・・・ 

晩秋なんけど、

アサガオ君。
アサガオ君、今日から晩秋なんですが・・・・ 

あ、アサガオの季語なんけど・・・・


 この家のかたに聞いたところ、本州北部寒冷地産とか仰っていたので「マルバアサガオ(学校で育てさせられる普通の三裂葉じゃなく葵文みたいな丸い葉っぱ)マルバアメリカアサガオの種間混雑種かな?三裂葉と丸葉(葉脈の窪み)が雑多に見て取れるから想像してだが・・・・


ん?

何だなんだ?

なんか飛んできた!
ん?なんだ?もしかして? 

虫?

にしては羽が・・・・

尾っぽみたいなのが見える・・・・

なんか長い嘴・・・・

鳥?

え?

こんな小さいのが?

まさか!

ハチドリ!?


うそ!?

なんで日本に??????

是はまたとないシャッターチャンスだけど、

お願いだから一カ所に止まってくれ!

全然まともに撮れないYO!

 なんとか、必死に数十枚撮った中の比較的まともな写真を元に調べたら、解りましたよ。
アサガオと「雀蛾(スズメガ)」

スズメガです。
多分前翅端の紋から推察するに、エゾシモフリスズメかもしれません
(間違っていたら指摘歓迎)

 結構私を含めて勘違いしている人が多いようです動画まで投稿しているがホバリングしていない。)が、このスズメガ種。「蛾」と聞くだけで毛嫌いしてしまう人(特に女性)も多いのではないでしょうか。
 だが、古代中国では蝉首蛾眉は美人の必須条件とされ、かの世界三大美人であり中国四大傾国の美女と世界中から賞賛の誉れ高い楊貴妃代名詞とまでなっている言葉であったりする。毛抜きで不自然な糸眉を作っている現在の大和撫子にはとうてい理解できんのかもしれんが。しかし図鑑を調べていて驚いた。スズメガ種の殆どが、「レッドデータブック」に記載されているとは。すると、やっぱり貴重な遭遇であったこととなるのか。これはなんとも感動半分・寂しさ半分な思いがする。



 いやしかし、この季節でアサガオを観賞できるとは思えなんだ。
何とも言えない美しさだ・・・・


うむ、実に良い朝である。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/462-de4b4bc6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。