スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗精神薬 バレリン、炭酸リチウム 錠 

精神病院に入院していた頃(5月に入院して6月下旬頃)から始まっていたのだが、緊張すると両手が震える症状が出ている。食事の時に箸や茶碗が震えて持てない、食えない、鉛筆等を持って字が書けない、カメラ撮影は手ぶれ写真だらけ。
はじめは、「やばい断酒による離脱症状か!は、恥ずかしい・・・」と思ったが、どうにもならなくてナース経由で主治医に相談。
「離脱症状ではなく、投薬している薬の副作用だから安心するように。」ほっとしたが、未だ震えが止まらない。入院当時と同じかちょっと酷い震え。先週の通院時に、何とかしてくれと主治医に相談して、

バレリン http://health.goo.ne.jp/medicine/search/2_1/ha/180/indexdetail.html
炭酸リチウム  http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179017.html

のうち、炭酸リチウムを4錠(!)から2錠に減らしてもらった。
これで、朝が10錠(!)から8錠に減った。
・・・しかし手の震えは、今も続いているし、減薬によるのか情緒不安定に陥ってしまった。

アナフラニール http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1174002.html
による目眩(目眩なんてモンじゃない!立ち眩みで全身痙攣を起こしてブラックアウトし倒れ、病室のスチレンボードの壁を破壊した(;_;))や、猛烈な口の渇き(ガム噛んでしのいでたが、就労支援センターで再三注意を受けた(+_+))の副作用がようやっと収まったのに、

何とかしろよ俺!このままじゃ社会復帰なんて、まだまだじゃないかorz。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/57-0e361f6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。