スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢なら(真っ当な測量屋なら) 

雨でも、現場作業続行(現場待機無し)。カッパ着て、自分は濡れても機械濡らすな、が鉄則。
男なら雨でも木脚で仕事1   男なら雨でも木脚で仕事2
木脚がデフォだよね。アルミ脚は3,4級水準測量か工事屋、家屋調査士屋だね。
自衛隊がサマーワで展開していた時TOPCONのTSとアルミ脚使っているのをテレビで見て、「馬鹿かこいつらあの気候じゃあっという間に熱変形して傾くぞ。」と思ったっけ。
後工事屋さんは平気でTSを地面に置くのな。信じられん話だ。俺が1年生だったときは収納ケースに座るだけでも怒鳴られたもんだっけ。
アルミ脚1   アルミ脚2
今はデータコレクターが一体型TSが一般的になり始めているけど、昔はケーブル(TOPCONのFC-5とかFC-1000)で繋いでいたから、コネクター部分に雨が入り電子基盤がお釈迦に。一台20万も修理費取られたな。でもJHとかは90日工期、120日工期と決まっているから雨だろうがなんだろうが現場出動だったな。
ましてやGPSだと朝昼雨風関係ないから大変だったな。カッパ着て観測し、山から(19時過ぎ、もう足下が見えない片側は崖)下りてきて車に乗って脱いだら、汗の蒸気がむわっと広がりフロントウィンドウが真っ白け。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/96-7c4a0dd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。