スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状を自分で変えよう 

IBM Net Vista M41 Slim 6843 

「会社のパソコンは早いなー。」、「おまえがいじるとだんだん遅くなる。」と父。 カチン、むかっ!ときた私。確かにWindowsXPにSP3を当ててからかなり遅くなった。 でもおかしい、不要アプリ(JAVAが大量に、プリンターやデジカメのソフトがごちゃまんと)を消し、ディスクの圧縮(これも散々文句言われた。)解いて、ScanDisk Defragかけても変わらない。Pentium III 1Ghz SL4MF積んでいたはずだが、調べてみるとメモリーが128MB+256MB=384MBしかない。急遽SofMap GigaStoreに電話しPC-133 256MB 両面実装(メルコ製)を¥1,680-で調達、メジャーチップだから問題ないと装着し限界の512MBへアップ、無事起動して見るも、さほど変わらず。悔しい。 IBM NetVista M41(6843-HD4)でチップセットがIntel 810E2だから、後考えられるのはHDDの遅い読み書きとCPUの載せ替え。 急遽ヤクオフでPentium III S1.4Ghz SL6BYCeleron 1.4Ghz SL68Gを調達。またSofmap Gigastoreに電話しSeagate ATA100 80GB 7200RPMを調達。父親がいない間に、PowerQuest DriveCopy(現:Symantec)で、元のMaxtor 20GB 5400RPMからコピーしようと余っていた電源(本体電源はコネクターが足らない)と、・・・・げ、有ったよストック箱にIBM Deskstar 80GB 7200RPMが。これ付けようIBMマシンなんだし。でドライブ引っ越し中に、やばい帰ってきたよ。

ぁマジで怒り出した。「仕事で使っているのに何するんだ。夕方には終わるんだろうな!。終わらせろよ、それまで出かけてくる。」はいはい、終わりますよ。 3時間(たった9GBなのに)かかってようやっと終わった。起動実験すると、おお早くなった。良かった、組みあげてついでに買って来たI・O DATA USB2.0カードも無事認識し、外に散歩に行った。 帰ってきたら、父が「早くなった。ありがとう、でもやる前に一言、言ってくれ。」「言ったら金がもったいないとかデータが心配だとかいって反対したでしょう。」「仕事で使っている大事な物だ」「BackUpは取ったでしょう。それにSP3がどうのと説明しても解る?」「解らん、ただ勝手にいじるな。」じゃあ遅いだのなんだの言うなよ。元私のマシンを格安(15Inch液晶キーボード、マウス込みで3年前に¥15,000-)であげた奴だぜ。もうやらないw。 で、PowerLeap PL-370/T下駄が届いた。また、旧のFRU26P9134マザーに変わってTualatin対応FRU46L5476 Celeron1.3Ghz巨大ヒートシンク付きをGet。しかしPentium III-S 1.4GhzがBIOS画面では認識するもののBIOS Up Dateを要求してきてダメ。ググったけど保守マニュアルだけしか出てこないorz。

 さらに早くなったから大丈夫だろうと、プロバイダーのAnti Virusサービスがプア(McAfeeだけどFireWallが無い)だからTrendMicro社ウィルスバスター2007 to 2009を再インストール。

しかし「入れたらまた遅くなった」とまた言う・・・・一度ウィルスにかからんと解らんかな!最悪出入り禁止や取引停止もあり得るんだけどな。

参照URL:最強のaptivaを創る会 Another IBM 改 No018

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ymnktka6.blog73.fc2.com/tb.php/98-8d58d299

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。